不動産投資のメリット

株式や投資信託などさまざまな投資方法がありますが、不動産投資にはどんなメリットがあるのでしょうか。次に、不動産投資のメリットについて確認していきましょう。

安定した資産運用ができる

不動産投資は、比較的安定した資産運用ができるのがメリットです。入居者がいれば毎月安定して賃貸収入が得られ、株式のように価格変動を気にする必要もありません。

また、管理会社と契約すれば、賃貸契約から家賃の集金、修繕、退去手続き、入居者募集など、賃貸経営に関することを委託することができます。

帳簿を作成して確定申告する必要はありますが、自分で作成できない場合は税理士に依頼することも可能です。

本業があっても始めやすく、副業として安定収入を確保することもできるため、所有する不動産を増やしていけば、不動産投資を本業にすることもできるでしょう。

相続対策

不動産投資には、相続対策になるというメリットもあります。不動産は相続税の計算における評価額が、現金や有価証券よりも減額されるからです。

相続税は以下の計算で金額がわかります。
相続税額=(課税資産額-基礎控除額)×相続税率
相続税の課税資産には現金や有価証券、土地や建物などの不動産が含まれますが、現金や有価証券は時価で評価されるのに対し、不動産は固定資産台帳や路線価などをもとに評価されます。

そのため、資産を現金や有価証券で保有するよりも、不動産として保有するほうが相続税評価額が減額されるため、相続税を節税できる可能性が高くなります。

生命保険の代わりになる

不動産投資は、生命保険の代わりになるのもメリットです。金融機関から融資を受けて投資用のマンションやアパートを購入する場合、団体信用生命保険に加入するのが一般的です。

団体信用生命保険に加入しておけば、名義人が亡くなった、あるいは高度障害になったときは借入金の返済が免除され、家族に投資用不動産を残せます。注意点として団体信用生命保険に加入する際には、年齢や健康状態などの条件があります。

そして、家族はその投資用不動産から賃貸収入を得る、もしくは売却してまとまった現金を得ることもできるため、不動産投資は生命保険の代わりになります。

不動産投資のデメリット

不動産投資はメリットだけでなく、デメリットもあります。

維持管理コストがかかる

不動産投資は、維持管理コストがかかるのもデメリットです。管理費や修繕積立金などは常にコストとしてかかります。

不動産を保有している間は毎年固定資産税がかかり、管理会社に支払う業務委託費も必要です。融資を受けている場合は借入金の返済もしなくてはなりません。

このように、不動産投資はさまざまな維持管理コストがかかります。

資産価値が下がっていく

不動産投資のために購入したマンションやアパートは、時間の経過とともに老朽化し、資産価値が下がっていきます。

不動産は基本的に、築年数が古くなるほど資産価値は下がります。そのため、できるだけ土地所有権の物件が投資の出口として大切です。

借地やワンルームマンションなどは土地の価値が期待できないので老朽化したあとは売ることができない、売却できてもかなり安い価格でしか売れない。あるいは解体費用を負担する事になるなどが考えられます。

不動産投資のリスク

不動産投資のメリット、デメリットについては確認できましたが、不動産投資にはどんなリスクがあるのでしょうか。ここでは、不動産投資のリスクについて確認していきましょう。

災害リスク

不動産投資には、保有する物件が地震や火事などで被害に合う災害リスクがあります。

建物が老朽化していると地震によって倒壊する恐れがあり、木造の場合は、火事の被害が大きくなる可能性があります。

そのため、災害リスクを下げるために、地震などの災害に強い物件を選ぶ、保険に加入するなどの対策が必要です。

空室リスク

不動産投資において、常に課題になるのが空室リスクです。投資物件を購入しても、入居者がいなければ賃貸収入は得られません。

特に、金融機関から融資を受けて不動産投資を行っている場合、入居者がいないと賃貸収入から借入金を返済できなくなってしまいます。

そのため、購入する物件の状態を十分に確認する、空室が発生しにくい地域を選ぶなど、空室リスクを少しでも下げることが重要です。

金利変動リスク

融資を受けて不動産投資を行う場合は、金利変動リスクもあります。

固定金利であれば、返済期間を通して金利は一定ですが、変動金利の場合は、金利が上昇することによって返済額が増加し、負担が大きくなる可能性があります。

そのため、金利変動リスクに備えて固定金利を選択する、無理な借入はしないといった対策が必要です。

流動性リスク

不動産投資のために購入したマンションやアパートは、売却したくても買い手がつかないと売れないため、流動性リスクがあります。

物件の状態や地域によってはなかなか買い手がつきません。そのため、物件を購入する際は流動性リスクを考慮し、売却しやすい不動産を選ぶことも大切ですしメンテナンスして物件の価値や状況を維持する必要があります。

 

 

 

 

 

PAGE TOP